北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2019年02月24日

寿しとラーメン! 小倉の老舗『四方平』

こんにちは、北すまブログの春風です。

春一番も吹いて、今週はもう2月末。
このところ春の気配を身近に感じるようになりました。
今年は桜の開花も早いようですね。

さて、先日、小倉っこならほとんどの人が知っているといってもいいような、寿しとラーメンのお店『四方平』へ行って来ました。
外観の写真は撮り忘れてしまいましたが、場所は小倉井筒屋の向かい側。
創業は昭和12年という、老舗です。

店内には、お店のルーツなどが書かれたパネルが。

yomohei1.jpg

yomohei2.jpg

yomohei3.jpg

人気は、ラーメンセット(ラーメンと細巻き1本・650円)。
細巻きは、名物鉄火巻きなどの中から好きなものを選べます。

この日は、ちょっとぜいたくに、スペシャルセットを注文しました。
上握り5貫とラーメンがセットになって1,500円と、スペシャルでもリーズナブルな価格です。

yomohei6.jpg

握りには、フグやウニまで!
特にフグは美味しかったです。

yomohei7.jpg

ラーメンは、あっさりとした鶏だしスープで、上品な味。
この味だから、寿しとも相性がいいんでしょうね。

ちなみに、150円プラスすると、ラーメンをチャンポンにしてもらうこともできます。
チャンポンも、なかなかおいしいそうですよ。

店内には、懐かしい小倉の写真がたくさん貼られていて、思わず見入ってしまいました。

yomohei4.jpg

yomohei5.jpg

小倉のまちの歴史を知る『四方平』のようなお店は、これからもずっと続けてほしいものです。

●四方平
住所:北九州市小倉北区京町1-2-22
営業時間:(月・水〜日)11:00〜21:00 (火)11:00〜17:00
定休日:木曜日(祝日は営業)
TEL:093-521-0323
posted by kita-suma at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月20日

中央卸売市場内にある超穴場の寿司屋『港寿し』

こんにちは、北すまブログの春風です。

北九州市といえば、三方を海に囲まれていることもあり、何といっても新鮮な海の幸が魅力の一つ。
関東などから来た人は、「北九州はスーパーの刺身でさえすごい!」と感動するそうですよ。
私たちは子どものころから当たり前に新鮮でおいしい魚を食べてきたので、そんな声を聞くとかえって驚いてしまいます。
これって、当たり前じゃなかったんだ。

先日、NHKの「プロフェッショナル」で、『天寿し』が紹介されていましたね。
『天寿し』は、ちょっと庶民には手が届きませんが、北九州市にはもっとお手頃なお値段で食べられる、おいしい寿司屋がたくさんあります。
その一つが、小倉北区西港町の北九州市中央卸市場内に店を構える『港寿し』。
中央卸市場の正門から入って、駐車場左手にある「あさタウン」の奥のほうです。

minato1.jpg

中央卸売市場で仕入れた、新鮮なネタが自慢。
しかも、とってもリーズナブル!

カウンター席が7席、テーブル席が2席とこじんまりしたお店ですが、味は折り紙付き!

「特上にぎり」を注文しました。

塩でいただくものもありましたが、これがまた美味しい!

minato2.jpg

minato3.jpg

minato4.jpg

minato5.jpg

minato6.jpg

minato7.jpg

minato8.jpg

全部で10巻。
しかも、アラ味噌汁もついて、これでたったの2000円なんです!
信じられませんよね。

minato9.jpg


もう少し食べたかったので、おまかせで3貫握ってもらいました。
珍しい太刀魚のにぎり。これ、最高でした!

minato10.jpg

最近は、ネットで見たという海外からのお客さんもやって来るとか。

一度食べたら、絶対にまた食べに行きたくなるおいしさです。

一般の人が市場に入れるのは、朝10時以降。
お店は14時頃には閉まってしまうので、注意してください。
予約を入れてから行った方が安心だと思います。

●港寿し
住所:北九州市小倉北区西港町94-9 北九州市中央卸売市場内
営業時間:6:00〜14:00
定休日:日・祝
TEL:093-583-2426
posted by kita-suma at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

2月9日(土)・10日(日)は門司港レトロへ! 「第11回『豊前海一粒かき』のかき焼き祭り」開催

こんにちは、北すまブログの春風です。
今日で1月も終わり。
本当にあっという間の1月でした。

今日は雨で、一段と寒く感じますね。
さて、北九州市のこの時期の風物詩となったのが、「かき焼き祭り」。
市内には漁師さん直営の「かき小屋」も登場していますが、2月9日(土)と10日(日)の2日間は門司港レトロがおススメです。

mojiko2.jpg

「第11回『豊前海一粒かき』のかき焼き祭り」が開催されますよ。

kaki2.png

毎年、大勢の人で賑わう「かき焼き祭り」。
今年も門司港レトロ中央広場に200台の焼き台が登場します。

「豊前海一粒かき」は1袋1000円。大体10個くらい入っています。

kaki.jpg

かき以外にも、北九州市の旬の味が大集合するとか。
楽しみですね。

mojiko1.jpg

門司港レトロの散策も楽しめて、一石二鳥。

自分で焼きながらいただく豊前一粒かきは、最高においしいですよ。
この機会にぜひ、足を運んでみてください。

posted by kita-suma at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月27日

小倉北区下到津『あいカフェ』のデミハンバーグセット

こんにちは、北すまブログの春風です。
昨日は寒かったですね。
かなり雪も降って、一時的にあたりがうっすら白くなっていました。

今日はお天気はいいものの、やっぱりまだ寒い。
午前中、市長選挙の投票を済ませて来ました。

以前、このブログでもご紹介したことがある小倉北区下到津の『アイン ソフ オウル』。
お気に入りのお店でしたが、残念なことに閉店してしまいました。

そのあと、新しいお店が同じ場所にオープンしたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。
ようやく、先日、お友達とランチに行って来ましたよ。

『あいカフェ』です。
(外観の写真は拝借しました)

aicafe1.jpeg

店内の写真は撮り忘れましたが、基本的に前のお店同様、とっても落ち着くナチュラルな雰囲気です。

ネットで検索してみると、デミハンバーグが美味しいという書き込みがあったので、「デミハンバーグセット」を注文。

icafe2.jpg

熱々のハンバーグに、たっぷりのデミグラスソース!
見るからに美味しそうです!

icafe3.jpg

このデミグラスソースが、かなり美味しかったです。
友人も絶賛していました。

このボリュームで1,000円は納得ですね。

icafe4.jpg

セットにはドリンクも付いているので、ケーキをプラスしました。

icafe5.jpg

この日のケーキはチーズケーキでしたが、しつこくない味で、ペロっといただいてしまいました。

店内では、サリーや小物なども販売しています。
女子会にはピッタリかも。

また、美味しいランチが気軽に味わえるお店が増えました。


『あいカフェ』については、こちらをどうぞ!
  ↓
https://aicafe.owst.jp/

posted by kita-suma at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月19日

『卵’s工房』で11周年感謝セットを堪能!

こんにちは、北すまブログの春風です。

新年が明けて、早くも20日が過ぎようとしています。
この調子だと1月は行って、2月は逃げ、3月は去って行きそうですね。

新年早々バタバタした毎日を送っていますが、今日は久しぶりに友達とランチ。
以前から行ってみたかった『卵’s工房』で11周年の限定コースがいただけると知って、行って来ました。

ranzu1.jpg

『卵’s工房』といえば、オムライスが有名です。

ranzu10.jpg

もちろんオーダーしたのは、「11周年感謝セット」です。
最初に運ばれてきたのは、地野菜のサラダとシェフの気まぐれスープ。

ranzu3.jpg

今日のスープはクラムチャウダーでした。

ranzu4.jpg

新鮮な地野菜とドレッシングが絶妙なハーモニー。
クラムチャウダーもジャガイモなどがたっぷり入っていて、美味しかったです。

続いて、前菜3種盛りが登場。

ranzu5.jpg

キッシュにサーモンなど、色どりもきれいでした。

メインとは、煮込みハンバーグがのったオムライス。

ranzu6.jpg

キノコたっぷりのデミグラスソースが、ふわふわトロトロの卵と相性バッチリ。

一瞬、オムライスは小ぶりかなと思ったのですが、結構なボリュームがあって、この時点ですでにおなか一杯に。

しかし、このあとまだドリンクとデザートがあります。

ranzu7.jpg

ranzu8.jpg

私は、カフェオレとモンブランをチョイス。

ranzu9.jpg

友達はアイスを挟んだミルフィーユをチョイスしました。
こちらも美味しそうでしたよ〜。(実際、とっても美味しかったそうです)

これだけのボリュームで1,680円。
さすが11周年の感謝セットだけあります。
このセットは2月28日までだそうです。

機会があれば、それまでにまた食べに行きたいと思います。

ranzu2.jpg

『卵’s工房』については、こちらをどうぞ!
  ↓
https://www.facebook.com/ranzukoubou.omuraisu/
posted by kita-suma at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月31日

良いお年をお迎えください

こんにちは、北すまブログの春風です。

manryo.jpg

平成最後の大晦日も、あと3時間あまりで幕を閉じようとしています。
振り返ってみると、今年もいろいろなことがありましたが、本当にあっという間に365日が過ぎて行ったような気がします。

mochi.jpg

今日は、毎年恒例、杵つきのお餅を友人が届けてくれました。
子どものころは、お隣の家と一緒に餅つきをしていましたが、最近は餅をつく家は少なくなってしまったようです。

準備も大変ですからね。
でも、日本の年末の風物詩は、大切に守り続けてほしいものです。
第一、杵でついたお餅はやっぱりおいしいですからね。
友人に感謝です。

habotan.jpg

さて、来年は元号も変わるし、消費税も10%になるし…、今年以上に激動の一年になりそうな予感が。

個人的にも年明け早々からかなり忙しくなりますが、お正月くらいバタバタせずに、心にゆとりを持って過ごしたいものです。

ume.jpg

今年もお世話になりました。

来年は、北九州市のいろいろな話題を中心に、役にたつ情報を発信できればと思っています。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

posted by kita-suma at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月26日

コレット1階の『甘未喫茶 若竹』で、ゆったりランチ。

こんにちは、北すまブログの春風です。

クリスマスも終わり、大みそかに向けて慌ただしい毎日が過ぎて行きます。
大掃除もまだ。年賀状もまだ。
やらなければならないことが多すぎて焦ってしまいますが、そんな時こそゆったりした時間を持ちたいもの。

そこで、買い物に出たついでに、コレット1階にある『甘未喫茶 若竹』でランチをいただくことに。

colet.jpg

『若竹』は、学生時代からよく通ったお店です。
いつの間にか京町通りにあったお店がなくなっていてショックでしたが、コレットにできたと聞いて喜んだのもつかの間…。今度はコレットがなくなってしまいますね。
でも、小倉井筒屋本店にも入っているので、懐かしい味を楽しむことはできそうです。

なんでも『若竹』は、昭和29年の創業だとか。

『若竹』といえば、何といっても「釜焼きうどん」が有名ですよね。
「焼きめし」も人気ですが、この日、選んだのは「若竹弁当」。

wakatake1.jpg

錦糸卵たっぷりの京寿司には、なんと黒豆も入っていて、なんだかほっとするおいしさです。

wakatake2.jpg

おかずも多彩。
笹の葉には、おからが包まれていました。

wakatake3.jpg

お吸い物に白玉ぜんざいの甘味もついて1580円。
おなか一杯になりました。

次は、やっぱり「釜焼きうどんと焼きめしのセット」をいただこうと思います。

懐かしい小倉の老舗の味、これからも守り続けてほしいものです。

posted by kita-suma at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月18日

福岡の『星期菜(セイケイツァイ)水上公園』へ行って来ました!

こんにちは、北すまブログの春風です。

平成最後の今年も余すところ2週間となってしまいました。
何かと気ぜわしい12月ですが、先日、福岡市西中洲の水上公園「SHIP'S GARDEN」2Fにある『星期菜』にランチを食べに行って来ました。

seikei1.jpg

水上公園の「SHIP'S GARDEN」は今年7月にオープンしたばかり。
そして、『星期菜』は、2014年ミシュランガイド福岡・佐賀版「ビブグルマン」に認定された中国料理店です。

カジュアルな麺料理と、フレンチのサービスでいただく「シノワズリ」スタイルの香港料理がコンセプトだとか。

那珂川に浮かぶように建つお店の中はオシャレな雰囲気で、広い窓からの眺めも楽しめます。

いただいたのは、飲茶ランチのコース(2700円)。
これにウーロン茶をプラスしました。

前菜からフカヒレと上海ガニのスープ、

seikei2.jpg

seikei3.jpg

いろいろな味が楽しめる点心、

seikei4.jpg

seikei5.jpg

seikei6.jpg

担々麺、デザートまで、どれも美味しくて、大満足でした。
特に点心は最高で、さすが人気店だけあると納得。

seikei7.jpg

seikei8.jpg

『星期菜(セイケイツァイ)水上公園』、おすすめですよ。
ぜひまた行ってみたいお店です。

tenjin1.jpg

帰りに、天神のクリスマスマーケットに寄ってきました。
たくさんの人で大にぎわい。

tenjin2.jpg

たまには福岡まで足を延ばしてみるのもいいですね。

『星期菜(セイケイツァイ)水上公園』については、こちらをどうぞ!
https://seikeitsai.jp/suijokoen/

posted by kita-suma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月30日

紅葉からクリスマスのイルミネーションへ

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で11月も終わり。
明日からはもう師走です。
1年なんて、本当にあっという間ですね。

平成最後の師走、きっとあわただしく駆け抜けていくことでしょう。

kiyomizudera1.jpg

先日、京都へ旅行に行った友人から、ライトアップされた清水寺の写真が送られてきました。

これは、子安の塔ですね。
なんとも幻想的で美しい!

kiyomizudera2.jpg

そして、こちらは紅葉。
ライトアップされた紅葉は、昼間とはまた違った華やかな輝きを身にまとって、一段ときれいです。

清水寺のライトアップは12月2日(日)までだとか。
実際に見てみたいけれど、今年は無理ですね。

Xmas.jpg

小倉のイルミネーションもいよいよクリスマスに向けて、眩く輝いています。

リバーウォークの巨大クリスマスツリーも、見ごたえ十分ですよ。

何かと気ぜわしいけれど、それでも一年のうちで一番好きな季節。
今年は忘年会の予定もいくつか入っているので、夜のまちに出たついでにイルミネーションも存分に楽しみたいと思います。

posted by kita-suma at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月24日

台湾レストラン『麗白(れいはく)』で大満足ランチ!

こんにちは、北すまブログの春風です。

3連休の中日、皆さんいかがお過ごしですか?
ここ数日、急に寒くなりましたね。
もう11月も下旬ですから、寒くても当たり前かな。

さて、先日、友人のおすすめで、小倉北区魚町のインクスポットビル2階にある、台湾レストラン『麗白』にランチを食べに行って来ました。

reihaku1.jpg

こんな所に、こんなお店ができていたとは。

ランチは1500円のランチセットと2000円の麗白ランチコースがありますが、後者をいただくことに。

reihaku2.jpg

reihaku3.jpg

まずは、オードブル4種に続いて、本日のスープが登場。

メイン料理は、豚の角煮・酢豚・海老のマンゴーマヨ(エビチリ変更OK)・茄子と豚肉の炒め物・白身魚の油淋ソース・海老と烏賊のオイスターソースから一品選びます。

reihaku4.jpg

私が選んだのは白身魚の油淋ソース。

reihaku5.jpg

友人2人は海老と烏賊のオイスターソースと茄子と豚肉の炒め物(写真なし)をチョイス。
少しずつシェアしていただきましたが、どれも日本人好みの味で、とっても美味しかったです。

reihaku6.jpg

これは、本日の点心。

このあと、4種から選ぶ麺飯と続きます。

reihaku7.jpg

reihaku8.jpg

reihaku9.jpg

私は炒飯を。友人2人は担々麺と台湾名物ルーローハンをチョイス。
このほか、台湾の定番お粥があります。

reihaku10.jpg

そして、シメはデザート。この日はぜんざいでした。

これで2000円は絶対に安い!と思えるほど、味もボリュームも大満足。
さすが!台湾出身で老舗台湾料理店「欣葉(シンイエ)」などの料理長を歴任してきた方が開業したお店だけありますね。(開業は2016年だそうです)

ぜひまた行ってみたい、お気に入りのお店が増えました。

●台湾レストラン麗白
北九州市小倉北区魚町2-5-17 インクスポットビル2F
営業時間/ランチ 11:00〜15:00(OS14:00)
ディナー17:00〜22:00(OS21:00)
定休日/第1・2・3・5日曜日、第4日曜日の翌月曜日
TEL/093-287-8287

posted by kita-suma at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記