北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2019年06月30日

明日から7月!令和元年折り返し

こんにちは、北すまブログの春風です。

ame1.jpg

観測史上最も遅い梅雨入りとなった今年の北九州地方。
集中豪雨で甚大な被害が出たのは、昨年の7月6日のことでした。

今年も、明日明後日ごろまでは、大雨に注意が必要だとか。

ame2.jpg

去年の経験から、河川が氾濫するのは本当にあっという間だということが分かりました。
まだ大丈夫と思うのは危険。
早め早めの対策が必要です。

梅雨明けは7月下旬でしょうか。
この先もまだまだ安心はできません。
皆さん、どうかお気をつけください。

ame3.jpg

明日から7月。
令和元年も折り返しです。
体調はまだ本調子とはいきませんが、いろいろな意味でいい折り返しを迎えたいものです。

ame4.jpg

7月はまたグルメ情報も発信していきたいと思います。
お楽しみに!
posted by kita-suma at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

小倉北区の『幸すし』と若松の『栄寿司』でランチ

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で6月も終わり。一年の半分が過ぎたことになります。
昨夜から大雨が心配されていますが、今は小康状態。
これからまだ降るのでしょうか。
昨年の大雨を思い出します。
今年は大きな被害が起きないように願うばかりです。

さて、今回は北九州市内の寿司店を2軒、ご紹介します。
といっても、気軽にお昼にお寿司を食べられるお店です。

まずは、小倉北区宇佐町にある『幸すし』。
ランチは、「わがままチラシ(1000円・税抜)」。

sachi1.jpg

この「わがままチラシ」、ネタは6種類の魚介類に卵とキュウリが色鮮やかに盛り付けられ、海苔が添えられています。
手巻き寿司風に海苔に巻いて食べるのもよし。

sachi2.jpg

何しろ、色合いがきれいで、食がすすみます。
これで1080円はお得かな。

もちろん、夜もおすすめ。
お手頃な価格で新鮮なお寿司がいただける、庶民の味方ともいえるお店です。

●幸すし
住所/北九州市小倉北区宇佐町2-13-21
TEL/093-521-3375
営業時間/11:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日/水曜日


続いては、若松にある老舗の寿司店『栄寿司』。
創業は大正15年だとか。
地元の皆さんに愛されているお店、お昼も賑わっていました。

いただいたのは、ランチメニュー(火〜土曜限定)の「竹膳(1200円・税抜)」。

sakae1.jpg

小鉢・寿司7貫・かっぱ巻き1本・茶碗蒸し・汁物・デザートと、金額の割には豪華。
別途、刺身・天ぷら・唐揚げを付けることもできるそうです。

sakae2.jpg

sakae3.jpg

1000円ちょっとで、お昼からこれだけの料理がいただければ、大満足ですよね。
この日はお手頃なランチをいただきましたが、有名人なども訪れている名店だけに、本格的なお寿司が味わえますよ。

●栄寿司
住所/北九州市若松区本町3-7-27
TEL/050-5872-7031
営業時間/昼11:00〜14:00 (L.O.13:30)
夜16:30〜21:30 (L.O.21:00)
定休日/月曜日

posted by kita-suma at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月28日

北九州市の救急隊は速い!

こんにちは、北すまブログの春風です。

しばらくご無沙汰していました。
実は先週、体調を崩し、なんと救急搬送されることに…。

これまで病気知らずで、健康にだけは自信があったのですが、とても病院に行ける状態ではなく、しかも家には一人だけ。
やむなく救急車を呼びました。

119-1.jpg

救急車が自宅に到着するまで、わずか5〜6分くらいだったような気がします。

北九州市は、医療機関が充実していることでも知られていますが、救急隊が駆け付け、病院に搬送されるまでの時間は、政令都市でトップクラスの速さなんです。

119-2.jpg

ストレッチャーで救急車に運ばれるまでも、救急隊の皆さんは優しく声掛けをしてくださり、とても安心できました。

幸い、深刻な病気ではなかったのですが、それでも1週間の入院。
昨日、ようやく退院できました。

119-3.jpg

健康な時は、救急車のサイレンを聞いては、「また救急車が通ってる」などと呑気に思っていましたが、いざ自分が救急車を呼ぶ立場になってみると、北九州市の救急体制の充実ぶりを頼もしく感じます。

ただ、最近はちょっとしたことで救急車を呼ぶ人もいるとか。
本当に救急車でないとダメかどうか、119番する前にちょっと考えてみることも大事だと思います。
posted by kita-suma at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記