北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2018年02月28日

スターフライヤー「北九州−那覇線」期間限定で運航再開!

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で2月も終わりですね。
1月は「行く」、2月は「逃げる」とはよく言ったものです。
本当にあっという間の2カ月でした。

さて、スターフライヤーの「北九州―那覇線」が期間限定で運航再開していることを、ご存知でしょうか?

star2.jpg

うれしいことに、2月8日から1日1往復の運航を再開しているんです。
運航期間は5月7日月曜日まで。

ダイヤは、北九州から那覇へは、北九州を午前9時15分発、那覇に午前11時着。
那覇から北九州へは、那覇をお昼の12時発、北九州に午後1時40分着。
平日を含めて毎日運航していますよ。

okinawa5.jpg

okinawa2.jpg

沖縄にはひと足早く、春が訪れています。
といっても、桜はもう散ってしまっているでしょうね。
沖縄の桜の見ごろは1月から2月上旬にかけてですから。

でも、これからの季節の沖縄は、魅力がいっぱい。

okinawa4.jpg

沖縄はやっぱり夏!という方にも朗報が!
なんと、夏から秋の運航も決定しているそうですよ。
期間は、7月13日から10月27日まで。この間は、1日2往復に増便して運航するとか。

okinawa3.jpg

okinawa1.jpg

お得な運賃やキャンペーンもあるそうなので、スターフライヤーのホームページをチェックしてみてください。
  ↓
https://www.starflyer.jp/

posted by kita-suma at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月27日

「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」完成!

こんにちは、北すまブログの春風です。

北九州市は世界の環境首都を目指しています。
持続可能な社会づくりが求められる中、若松区響灘で平成22年度より風力発電関連産業をはじめとする再生可能エネルギー関連産業の集積を目的に「グリーンエネルギーポートひびき」事業を段階的に進めています。

この事業の一環として2月26日に完成したのが、「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」です。

hibiki1.jpg

hibiki2.jpg

風力発電と太陽光発電のハイブリッド発電施設で、発電所には商用機としては国内最大規模の高さ140メートルの風車2基とソーラーパネルおよそ1万枚を設置。

風力発電所は風があれば24時間発電可能。
また、日照があれば太陽光発電所で発電が可能だとか。
年間の発電量は、一般家庭5500世帯分にあたるおよそ2万MWhを見込んでいるそうです。

hibiki4.jpg

若松区に設置された風車はこの2基を入れて全部で17基になりました。

北橋市長は、「大型風車のショールームとして市内外から視察に来てもらいたい」と話しているそうですよ。

hibiki3.jpg

それにしても、間近に見ると、この風車は巨大です。
どうやって、組み立てているのでしょうか?

hibiki5.jpg

これからは環境の時代。
北九州市の進むべき道は、こうしたところにあるのかもしれませんね。

posted by kita-suma at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

「北九州マラソン2018」が開催されました!

こんにちは、北すまブログの春風です。

昨日、2月18日(日)に「北九州マラソン2018」が無事、開催されましたね。
お天気にも恵まれて、今回も1万人を超すランナーが北九州のまちを走り抜けました。

marason1.jpg

marason2.jpg

朝9時半過ぎ。
到津付近を、まだまだ多くのランナーが走っていました。

私の高校時代の同級生も、どこかにいたはずです。
年賀状に、「今年はフルマラソンに挑戦します!」と書かれていて、素直にスゴイ!と思いました。

運動不足の私には5キロだってきっと無理。
それをフルマラソンだなんて…。

marason3.jpg

思い思いの格好をしてマラソンを楽しんでいるランナーも少なくありません。

「北九州マラソン」と言えば、毎回、沿道の応援もランナーたちに人気ですよね。
北九州マラソン実行委員会の発表によると、沿道の応援人数は約27万人だとか。

marason4.jpg

こんな着ぐるみの応援も。
ランナーたちに声援を送っていた子どもが、一緒に写真を撮っていましたよ。
なんだか、ほほえましい光景でした。

marason5.jpg

ボランティアの皆さんも、お疲れさまでした!

マラソンの完走率は89%だったそうです。
本当にすごいですね。

今回も、たくさんのドラマが生まれたに違いない「北九州マラソン」。
市外から参加したランナーの皆さんに、北九州市の魅力を肌で感じてもらう絶好の機会でもあります。

42.195キロを走ることはできませんが、せめて沿道からの声援で「北九州マラソン」をこれからも盛り上げていきたいものです。

posted by kita-suma at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記