北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2018年01月31日

紫川に架かる「火の橋」「木の橋」

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で1月も終わり。
振り返ってみると、1月は寒かった〜。
今週末、またまた寒波がやってくるようです。週間天気予報に雪マークが…。
夏より冬のほうが好きですが、さすがにこう寒いと春が恋しくなりますね。

hi4.jpg

今日は用事があって室町へ。
久しぶりに、「火の橋」のそばを通りました。
「火の橋」の正式名称は「室町大橋」。

hi2.jpg

「火の橋」の両サイドには、明治末期まで紫川で行われていた鵜飼いの漁り火をモチーフにしたオブジェが設けられています。
紫川で鵜飼が行われていたなんて…、ちょっと想像できませんね。

「火の橋」のたもとに、こんな案内板が。

hi3.jpg

「火の橋」に炎が灯るのは、金曜・土曜・祝祭日の夜間だとか。

それ以外に、ロマンチックな演出やプレゼントとして炎を灯してもらうこともできるようです。
例えばプロポーズのサプライズに。
感動間違いなしの演出になると思いますよ。

ki.jpg

「火の橋」の向こうには「木の橋」が見えています。
「木の橋」の正式名称は「常盤橋」。
九州各地にのびる諸街道の起点・終点となっている橋です。

「木の橋」を渡って室町方面に歩いてみると、静かなたたずまいの家並みが続き、長崎街道のおもかげを感じることができますよ。

hi1.jpg

大通りから1本、2本入った道を散策してみるのも、また楽しいものです。

posted by kita-suma at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月28日

第10回「豊前海一粒かき」のかき焼き祭り、まもなく開催!

こんにちは、北すまブログの春風です。
1月も残りわずかとなってしまいましたが、毎日、本当に寒いですね。
インフルエンザも猛威をふるっています。
体調管理には気を付けましょう!

さて、2月3日(土)と4日(日)に、もうすっかり恒例となった「豊前海一粒かき」のかき焼き祭りが、門司港レトロ中央広場で開催されます。

mojiko2.jpg

「豊前海一粒かき」といえば、昭和50年代末から豊前海の北部を中心に養殖が行われている、福岡県を代表するブランドかきです。

栄養分の多い、植物性プランクトンが豊富な海で育った牡蠣は、通常のものと比べて粒が大きいのが特徴。
もちろん、おいしさも格別。
プリプリした大きな身を、口に入れた時のトロンとした喉ごしは最高です。

kaki2.jpeg

収穫したカキは、ひとつひとつ丁寧に磨かれ、紫外線で処理された海水に浸けられて出荷されるのだとか。

そんなかきを味わえるのが、かき焼き祭り。
200台の焼き台を設置し、広場一帯がまるで広大なかき小屋に早がわりします。

会場では、1袋1000円(大体10個くらい)の「豊前海一粒かき」を購入します。

kaki3.jpg
(写真はイメージです)

購入したかきを、焼き台で自分で焼いて、熱々をいただきます。
炭やナイフ、軍手もセットになっているので、手ぶらでどうぞ!

市内食材を使った料理・加工品なども販売され、牡蠣をはじめ、さまざまな北九州の旬のおいしさを堪能できますよ。

毎回、大人気のイベントなので、早めに行ったほうがいいかもしれません。

mojiko1.jpg

2月3日(土)・4日(日)ともに午前10時から午後4時まで。
かきの焼き台の受付は午後3時で終了。
荒天時は中止の場合があるので、ご注意ください。

posted by kita-suma at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

福岡市の『うら本 赤坂店』で創作和食の贅沢ランチ

こんにちは、北すまブログの春風です。
2018年の1月も、あっという間に3分の2が過ぎてしまいました。
寒かったり、少し暖かくなったりと、気候も不安定ですね。
今週はまた、寒波がやってくるとか。
インフルエンザも流行っているので、体調管理には気を付けたいものです。

さて、先週の土曜日、友人たちと福岡市までちょっと足をのばしました。
土日は「新幹線よかよかきっぷ」を利用すると、小倉−博多間往復で3,090円とかなりお得です。

uramoto1.jpg

ランチをいただいたのは、大名にある『うら本 赤坂店』。
隠れ家的な、落ち着いた雰囲気のお店です。

この日、いただいたのは、ちょっと贅沢に「土鍋御飯会席」(3,200円・税込)。

先付け、お造り、お肉料理と続きます。

uramoto3.jpg

uramoto4.jpg

そして、このお店の特徴の一つでもある、プレートと箱盛りの2段弁当が登場。
上がプレート、下が箱盛りになっていました。

uramoto5.jpg

uramoto6.jpg

料理の内容はこちら↓。

uramoto2.jpg

見た目にも美しく、どれも美味しかったです。

uramoto7.jpg

そして、感激したのが、この土鍋御飯。
土鍋で炊いたご飯は、やっぱり違いますね。
何杯もいただけそうなくらい、大好きな味でした。

食後に、プラス300円でデザートとコーヒーを付けてもらいました。

uramoto8.jpg

たまには、ゆったりとした気分で、こんな贅沢なランチをいただくのもいいですね。
年末年始の疲れがたまっていましたが、心身ともにリフレッシュできた気がします。

uramoto9.jpg

それにしても、福岡はどこも人が多い。
やっぱり私は、北九州のほうが落ち着くかな。
美味しいものも、福岡には絶対に負けていませんからね。

今年も、北九州市のいろいろな魅力を発信していきたいと思います。

『うら本 赤坂店』
福岡市中央区大名1-4-11 カームプレイス大名1F
TEL:050-3463-8158

posted by kita-suma at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記