北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2017年10月31日

門司港レトロで昔懐かしい『紙芝居』を楽しむ

こんにちは、北すまブログの春風です。

mojiko10.jpg

先日、門司港レトロへ行ったときの続きです。
「海峡プラザ」の前で遭遇したのは、昔懐かしい『紙芝居』。

mojiko7.jpg

武蔵と小次郎の巌流島の戦いの様子を描いた紙芝居です。

紙芝居師のおじさんの呼び込みが上手で、思わず席に座っていました(笑)。

mojiko12.jpg

これまた懐かしい「水あめ」と「かたぬき」というお菓子がついて一人100円。

水あめは、2本の割りばしをぐるぐる回します。
すると、透明な水あめが白くなってきます。
紙芝居師のおじさんによると、白くなったから美味しくなるわけではなくて、準備ができるまでの間、時間稼ぎとして子どもたちにぐるぐるさせていたのだとか。

mojiko9.jpg

mojiko13.jpg

紙芝居のお話の中には、今さらですが「へ〜」と思うような逸話も盛り込まれていて、十分に楽しめました。

mojiko8.jpg

ただ、紙芝居の途中でも、通り掛かる人に声をかけて呼び込むおじさん。
そのたびに話が中断するので、観客から「もう呼び込みはいいから!」といったヤジが飛んでいました。
もちろん、みんな笑顔。

そういうやりとりも、全てにおいて大らかだった古きよき時代にタイムスリップしたようで、楽しかったです。

mojiko11.jpg

この紙芝居は、土日には巌流島で行っているそうですよ。

紙芝居師のおじさんは、この道40年の大ベテラン。
さすが、人を引き付ける魅力があるはずです。

ただの観光ではなく、こうした温かなふれ合いがあるのも門司港レトロの魅力かもしれませんね。

mojiko14.jpg

posted by kita-suma at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月27日

門司港レトロ「海峡プラザ」の『インド料理ナンダン』でランチ

こんにちは、北すまブログの春風です。

先日、久しぶりに門司港レトロへ行って来ました。

mojiko1.jpg

mojiko2.jpg

秋晴れの爽やかな一日で、平日にも関わらず大勢の観光客で賑わっていました。
中国からの団体の皆さんもいましたよ。

この日のお目当ては、「海峡プラザ」東館の1階にある『インド料理ナンダン』のランチメニュー。
カレーは4種類(チキン・ベジタブル・シーフード・日替わり)の中から選べて、辛さもお好みでオーダーできます。

mojiko3.jpg

私がいただいたのは、シーフードカレー。
さすが本格的なインドカレーだけあって、いろいろなスパイスの香りが効いていました。

mojiko4.jpg

ナンは迫力の大きさ!
下はカリっと香ばしく、中はモッチリ、ふっくら。

ナンだけでもおいしくて、ペロリと食べられそうでしたが、やっぱりカレーにつけて食べると、また格別。

これにサラダが付いて850円。お値段も良心的ですよね。

mojiko5.jpg

食後のデザートは場所を移して、同じく「海峡プラザ」の西館1階にある『ビー・ハニー』へ。

はちみつソフトが大人気のお店です。
せっかくなので、秋にふさわしいマロンソフトをいただきました。

mojiko6.jpg

マロンクリームたっぷりで、下の方には白玉も入っていて、これまた大満足!

いろんな種類のはちみつが置かれていて、見るだけでも楽しいですよ。

このあと、懐かしいものに遭遇。
童心に返ることができました。
それはまた、次回、ご紹介したいと思います。


●『インドカレーのナンダン』について詳しくはこちら!
  ↓
http://kaikyo-plaza.com/shop/nandan.html

●『ビー・ハニー』について詳しくはこちら!
  ↓
http://kaikyo-plaza.com/shop/beehoney.html


posted by kita-suma at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月21日

ヤマメと鯉をいただきに「ひこさん食堂」へ

こんにちは、北すまブログの春風です。

台風が近づいてきていますね。
明日は選挙の投票日。北九州も台風の影響があるでしょうか。
早めに投票に行ったほうがよさそうです。

hiko1.jpg

さて、先日の3連休に開催された小石原焼陶器市2017「民陶むら祭」に行ってきました。
初日ならまだ人は少ないかと思っていたら、大間違い。
どこも駐車場はいっぱいで、車でただ通り過ぎただけ…。
復興の意味もかねての「民陶むら祭」ということで、大勢の人がやって来たのでしょう。

とにかく、大盛況で何よりでした。

帰りに、英彦山の方へ回って、川魚をいただいくことに。

hiko2.jpg

hiko3.jpg

田川郡添田町JR彦山駅の前にある「ひこさん食堂」です。

hiko4.jpg

hiko5.jpg

店頭の水槽と小さな池でヤマメと鯉が泳いでいます。
このヤマメや鯉をいただくのかと思うと、少し気が引けましたが…。
それだけ新鮮ということです。

hiko8.jpg

こちらはヤマメの塩焼き。
注文が入ると、水槽から1匹ずつすくって、そのまま料理場へ。

川魚はあまり得意ではなかったのですが、このヤマメの塩焼きは内臓までそのままガブリといただきました。

hiko6.jpg

こちらは鯉のあらい。
お醤油ではなく、みそ味のたれでいただきます。
臭みはまったくありませんでした。

驚いたのは皮。弾力があって、とっても美味しかったです。

hiko7.jpg

そして、鯉といえば鯉こくですね。
鯉の旨味が汁にしっかりと出ていて、みそとの相性も抜群。
鯉こくは、もう相当以前に一度食べたきりですが、この「ひこさん食堂」の鯉こくが人気だという理由がよ〜く分かりました。

たまには、川魚もいいですね。
お店の奥さんも、とても感じのいい方でしたよ。


●ひこさん食堂
田川郡添田町落合803-2
定休日/木曜
電話/0947-85-0749

posted by kita-suma at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記