北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2017年07月31日

ひまわりと夏野菜を求めて道の駅へ

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で7月も終わり。
「今日も暑いですね!」がすっかり合言葉になってしまった今年の夏。
この暑さは、まだ当分続きそうですね。

himawari.jpg

夏の花といえば「ひまわり」。
ひまわりは、北九州市の花でもあります。
先日、知り合いから、道の駅「おおとう桜街道」の隣にある「おおとう桜街道花公園」のひまわりがきれいだった、という話を聞いて、土曜日に行って来ました。

ところが…。

himawari2.jpg

himawari3.jpg

すでに見ごろは過ぎてしまったようで、ほとんどのひまわりが太陽ではなく、うつむき加減に下を向いて、元気がありません…。残念!
満開の時は、夏の青空に黄色が映えて、さぞかし華やかだったことでしょう。
もう少し早く行けばよかった…。

ひまわりは残念でしたが、もう一つの楽しみが残っています。
「道の駅」巡りです。

「おおとう桜街道」から「豊前おこしかけ」、「しんよしとみ」まで、数カ所を巡って、新鮮な夏野菜をたっぷり買い込みました。
形が不ぞろいなものもありますが、とにかく安い!

野菜のほかにも、ハムやベーコン、パンも購入。

戻って、早速、マリネと炒め物を作ってみました。

marine.jpg

cook.jpg

夏野菜は彩りもきれいで、食欲がわきますね。

次は、お盆にまたドライブがてら、道の駅巡りをしたいと思っています。

posted by kita-suma at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月27日

市内の文化・観光施設をお得に楽しむパスポート!

こんにちは、北すまブログの春風です。

いつの間にか梅雨も明けて、子どもたちは夏休みに突入。
蒸し暑い真夏がやって来ました。

夏休みに子どもたちと一緒にどこかに行きたいけれど、外は暑いし、遠出するのも大変だし、という方におすすめなのが、「北九州市文化・観光施設共通観覧券」です。
これは、今年初めて登場のお得な観覧券らしいですよ。

chirashi.jpg

1日パスポートと3日パスポートがあって、パスポートを提示すると、市内7つの施設の常設展に入場することができます。
3日パスポートは利用開始日から3日間有効。つまり、とびとびに3日間、というわけにはいかないので、ご注意くださいね。

常設展だけでなく、さらに特別展も割引料金で観覧することができるといいますから、とってもお得!

市内の7つの施設とは、
◆小倉城(http://www.kokura-castle.jp/
◆北九州市立小倉城庭園(http://www.kcjg.jp/
◆北九州市立文学館(http://www.kitakyushucity-bungakukan.jp/
◆北九州市立松本清張記念館(http://www.kid.ne.jp/seicho/html/index.html
◆北九州市漫画ミュージアム(http://www.ktqmm.jp/
◆北九州市立美術館分館(http://www.kmma.jp/bunkan/
◆北九州市立自然史・歴史博物館いのちのたび博物館(http://www.kmnh.jp/

ただし、美術館分館は特別展のみなので、割引料金ということになります。

どこで「北九州市文化・観光施設共通観覧券」を購入できるかというと、美術館分館以外の6つの施設と北九州芸術劇場5Fプレイガイド。

すでに販売されていて、1日パスポートは10月31日(火)まで、3日パスポートは10月29日(日)まで購入できます。
最終有効期限は10月31日まで。
この夏休みはもちろん、芸術の秋まで使えるというのがうれしいですね。

shiro.jpg

各施設のホームページをのぞいてみてください。
かなり楽しめると思いますよ。

販売冊数には限りがあるので、お早めにどうぞ!

詳しくは、こちらをご覧ください。
 ↓
http://kitakyushu-culcul.jp/events/10357/

posted by kita-suma at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

いよいよ夏本番! 北九州市の夏祭りが熱い!

こんにちは、北すまブログの春風です。

hashi.jpg

もうすぐ子どもたちは夏休み。
北部九州の梅雨明けはまだのようですが、毎日、暑い日が続いていますね。

kokura.jpg

昨日までは『小倉祇園太鼓』でしたが、このあとも北九州のまちは夏祭り一色です。

tobata1.jpg

まず、『戸畑祇園大山笠』が今週の7月21日(金)から23日(日)まで行われます。

山笠本来の姿といわれる昼の幟山笠が、夜になると12段309個の提灯に彩られた、高さ10m、重さ2.5tの「光のピラミッド」へとその姿を変えます。
約80人の担ぎ手が、鉦や太鼓のお囃子にあわせて勇ましく担ぐ、勇壮で美しいお祭りです。

ユネスコ無形文化遺産に登録されて初めての開催だけに、盛り上がること間違いなしですね。

kurosaki.jpg

同じく7月21日(金)から24日(月)までは、『黒崎祇園山笠』も見逃せません。

ほら貝や、太鼓、鉦などのお囃子に乗って、激しい動きを見せながら怒涛のごとくまちを駆け巡る黒崎祇園山笠は、別名「けんか山笠」と呼ばれます。

夜、山笠が電照されると、舁き手の妙技「回し練り」は真骨頂を発揮しますよ。

7月29日(土)と30日(日)は、『若松みなと祭り』です。

hanabi.jpg

目玉は、29日午後8時から開催される『くきのうみ花火の祭典』。
打ち上げ花火3000発、仕掛け花火1000発。
中でも、若戸大橋に仕掛ける名物花火「ナイアガラの滝」は圧巻そのものです。

wassyoi1.jpg

そして、北九州市の夏祭りをしめくくるのが、『わっしょい百万夏まつり』。
今年は30回記念ということで、例年以上の賑わいを見せそうです。

花火もリニューアルするそうですよ。

tobata.jpg

北九州市の暑い夏を熱く彩る夏祭り。
日本らしい夏の風物詩は、やっぱりいいですね〜。

posted by kita-suma at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記