北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2017年04月30日

勝山公園大芝生広場で「小倉オクトーバーフェスト2017」開催中!

こんにちは、北すまブログの春風です。

今日で4月も終わり。
明日からはもう5月ですが、ゴールデンウィーク最初の2日間は、お天気に恵まれましたね。
月曜・火曜と普通の日が2日間入るので、本格的な連休は水曜日から、という気がしています。

kokura1.jpg

さてさて、今年も小倉北区の勝山公園大芝生広場では、恒例の「小倉オクトーバーフェスト2017」が開催中です。(4月28日〜5月7日)

kokura3.jpg

去年からゴールデンウィーク期間中の開催に変わったのですが、去年は延べ3万人もの人が訪れ、大いに賑わったそうですよ。

今年も気温が上がりそうで、ビール好きにはたまらないイベントになるのではないでしょうか。

beer.jpg

オクトーバーフェストには、普段お目にかかれないドイツ直輸入の樽生ビールが勢ぞろいします。
ヴァルシュタイナー、ケーニッヒルードヴィッヒなど人気のブランドに加え、小倉初というブランドも2つ登場するそうです。
どのブランドも樽生では飲めないものが多いので、何度か会場に足を運んで、飲み比べてみるのがおすすめ。

料理もソーセージの盛り合わせやアイスバイン、スチームしたムール貝、フィンガーフード、プレッツェルなど多彩です。

さらに、今年もドイツから本格的アルペンミュージックのカルテットが来日し、陽気なビアソングのステージを繰り広げてくれますよ。
土日・祝日は1日4回、平日は2回の演奏予定です。

kokura2.jpg

11時から夜の9時までと、時間もたっぷりあるので、紫川のそばに広がる緑の大芝生広場で、楽しい時間をのんびり過ごされてはいかがでしょう。

「小倉オクトーバーフェスト2017」について、詳しくはこちらをどうぞ!
 ↓
http://www.okt-fest.jp/okt-kokura2017-1.html


posted by kita-suma at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月28日

西日本総合展示場で「ワールドマーケット&ツーリズム2017」開催!

こんにちは、北すまブログの春風です。

いよいよ明日から、待ちに待ったゴールデンウィークですね。
今年は9連休という人もいるようです。

kitaQ.jpg

ゴールデンウィーク期間中は、北九州市内でも様々なイベントが開催されます。
その一つが、「ワールドマーケット&ツーリズム2017」。
これは、2年前まで毎年ゴールデンウィークに開催していた「西日本インポートフェア&食メッセ」をグレードアップさせた展示会なんです。

西日本最大級の規模で海外の優れた製品や生活様式を広く紹介。
日頃、目にすることの少ない輸入品をゲットできる貴重な機会でもあります。

さらに、「観光・ツーリズム」を新しくテーマに取り入れ、海外の人気スポットから国内の魅力あふれる離島・山村まで、旅の楽しさを感じられる内容になっているとか。

gaikan.jpg

今年は、国内外からおよそ220社・団体が参加。
世界各地からオリジナル雑貨やこだわりのハンドメイド製品が並ぶ「ワールドマーケットエリア」と、国内外の観光・特産品・民芸品を紹介する「ツーリズムエリア」の大きく2つのエリアで構成されています。

「ワールドマーケットエリア」では特別企画として、イタリアの商品や文化を発信する「イタリアフェア」を開催するそうですよ。

piza.jpg

イタリアといえば、ピザにジェラートにオリーブオイルにワインなど、おいしいものがいっぱい。
そんな食はもちろん、なんとビンテージバイクや、完全手縫いの鞄職人やフィレンツェで修行した宝飾職人の手仕事も見学できるとか。
家族そろって楽しめそうですね。

一方、「ツーリズムエリア」の目玉はJTB九州による「世界の観光展」。
バーチャルリアリティによる観光地の映像体験などもあって、ちょっとした世界旅行気分が味わえそうです。

pari.jpg

milano.jpg

「ワールドマーケット&ツーリズム2017」は、5月3日(水・祝)から7日(日)までの5日間、西日本総合展示場新館で開催されます。
近場で、充実した休日を楽しむにはもってこいのイベントではないでしょうか。

とてもここではご紹介しきれないほど魅力満載の「ワールドマーケット&ツーリズム2017」について、詳しくはこちらをどうぞ!
 ↓
http://wm-t.jp/

posted by kita-suma at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月16日

福岡で出会った「伝説のわらび餅」

こんにちは、北すまブログの春風です。

先日、仕事で福岡市に行った時のことです。
車の中から外を見ていて、偶然発見したのが、「わらび餅」を自転車で移動販売している屋台。

warabi4.jpg

珍しかったので、買ってみることにしました。

warabi2.jpg

なんでも「博多一番太鼓」という、70年近い歴史あるお店の「わらび餅」ということです。
かつては、こうしたわらび餅屋台の引き手は50人以上もいて、北九州にも販売に来ていたとか。
それが、今ではわずか2人に。
そのため、「まぼろしの」とか「伝説の」とか言われているそうです。

warabi1.jpg

warabi3.jpg

おじさん(3代目店主)の話によると、NHK(衛星放送だったかな?)に取り上げられて、世界中に紹介されたということです。

そんな「伝説のわらび餅屋台」に偶然、遭遇したのは、本当にラッキーでした。

warabi5.jpg

わらび餅のパックは小・中・大とあって、せっかくなので大を購入。
きな粉2袋と、もなかを6個付けてくれました。
でも、もなかの使い方が分からず、聞いてみると、もなかをお皿代わりにしてわらび餅をのせ、きな粉をまぶして食べるということです。(あるいは、もなかで挟んで食べるそうです)

私たちが買い終えて車に乗り込もうとすると、他のお客さんが「まぼろしのわらび餅ですね!」と言って、わらび餅を買い求めていました。
やっぱり博多では有名なんですね。

warabi6.jpg

早速、家に帰って、食べる準備をしてみました。

warabi7.jpg

あらかじめ、わらび餅にきな粉をまぶしてから、もなかにのせたほうが良さそうです。

もなかは特注とかで、もなかだけ食べてもおいしいんじゃないかと思うくらい、さくさくで香ばしい味。
きな粉も、既製品ではなく、北海道産の大豆をその日使う分だけ擂っているとのこと。

もなかとわらび餅ときな粉のコラボが、絶妙でした。

わざわざ北九州からも、福岡のお店に買いに来る人がいるそうです。
でも、やっぱり屋台の自転車をまちで見かけて、呼び止めて買う楽しさはまた格別。
昭和の時代にかえったような、懐かしい時間を味わうことができました。

sarkura.jpg

今年は桜の開花が遅かったのですが、とうとう葉桜になってしまいましたね。
川面に桜の花びらが。
本格的な春の訪れです。

博多一番太鼓について、詳しくはこちらをどうぞ!
  ↓
http://www.hakataichibandaiko.jp/


posted by kita-suma at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記