北九州市の住宅・不動産情報「北九州に住まう」

2017年02月28日

一度は体感してみたい「竹田式湯治」

早いもので、今日は2月の最終日。
明日から、もう3月ですね。
今日は春を思わせるようなお天気でしたが、まだまだ寒の戻りはありそう。
体調管理には気を付けたいものです。

taketa1.jpg

先日、大分県竹田市へ行って来ました。
あの滝廉太郎の「荒城の月」のモデルになったといわれる「岡城址」がある城下町です。

実は竹田市は全国有数の炭酸泉でも有名な温泉地なんです。

そんな竹田市が提案しているのが、「竹田式湯治」。
「温泉療養保健パスポート」というのがあって、竹田市内の対象施設に延べ3泊以上宿泊したら1泊につき500円の保健が適用されたり、様々な施設で特典が受けられたりするそうです。

taketa3.jpg

こちらは「B.B.C長湯」。長期滞在施設です。
長期滞在するほど、宿泊料金が安くなります。
入浴施設はありませんが、近くの温泉が無料、あるいは安く利用できるので大丈夫。

taketa7.jpg

宿泊施設は離れになっていて、ミニキッチンがあるので自炊もできます。

taketa6.jpg

かわいい「林の中の小さな図書館」が併設されています。

taketa4.jpg

こちらは「ラムネ温泉館」
ヨーロッパの雰囲気が漂う、かわいい建物が印象的。

taketa8.jpg

源泉かけ流しの高濃度炭酸泉で、まるでラムネに浸かっているように、全身が銀色の気泡に包まれます。

taketa2.jpg

竹田市には美味しいものもたくさんあって、「竹田ちゃんぽん」が有名だとか。
地元でとれた野菜がたくさん入っていて、美味しかったです。

taketa5.jpg

豆腐と揚げが人気の「湧水茶屋」もおすすめです。

東九州自動車道の開通で、小倉からだと3時間くらいでしょうか。
別府も湯布院もいいけれど、竹田市は要チェック!
ちょっと足を延ばしてゆっくりするには最高の温泉地ですよ。

●「竹田式湯治」について詳しくはこちらをどうぞ!
http://www.taketan.jp/onsenryoyo/index.html



posted by kita-suma at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

「第17回 小倉食市食座」は明日2月26日(日)まで開催!

旦過市場に北九州の美味しい食材や、有名店の地元感あふれるおいしい料理を多くの皆さんに知ってもらい、小倉ににぎわいをもたらそうと、魚町商店街と旦過市場が協力して始まった「小倉食市食座」。
今年で17回目を迎えます。
今年のテーマは、北九州スタジアムの完成を記念して、「2017年 食でキックオフ」。
いよいよ明日26日(日)が最終日となります。

余すところ2日間となってしまいましたが、この2日間に開催されるイベントも多く、まだ十分に楽しめますよ。

kokura.jpg

まず、今日・明日は「土曜座」「日曜座」と題し、小倉の商店街や小倉井筒屋、コレット、アイム、アミュプラザなどで、1皿400円の絶品グルメブースが登場します。

また、リバーウォーク北九州の1階ミスティックコートでは、午前10時から午後5時まで、「大分県北部地域『食』フェア」が開催されます。
中津産かき「ひがた美人」、宇佐からあげ、豊後高田そばなど、中津市・宇佐市・豊後高田市の自慢の「食」が集合。
こちらも見逃せませんね。

kokura2.jpg

さらに、JR小倉駅のJAM広場では、今日25日、熊本復興支援の「阿蘇・小国郷屋台」が出現し、くまもんがやって来るとか。
明日26日の最終日には北九州料理製菓専門学校の卒業記念料理展があります。
デコレートされた料理は必見だそうです。

まだまだありますよ。
旦過市場の前の「どんどこ広場」では今日・明日、毎年、人気の「がんばれギラヴァンツ食堂」が開催されます。

幸い、この週末はお天気にも恵まれそうです。
「小倉食市食座」で、おいしい週末を過ごしてみてはいかがでしょう。

私も、ちょっと出かけてみようと思います。
(今年はまだ行っていないため、写真がなくてごめんなさい!)

●詳しくはこちらをどうぞ!
 ↓
http://www.uomachi.or.jp/shokuichi/

posted by kita-suma at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月21日

築上町にある「旧藏内邸」のひなまつり

あっと言う間に2月も下旬。
もうすぐ3月。3月といえば「ひなまつり」ですよね。

「旧藏内邸」のひなまつりの様子がテレビで紹介されているのを見て、実物を見ようと築上町まで行ってきました。

hina1.jpg

「旧藏内邸」は、明治時代から昭和初期まで筑豊地方を中心に炭鉱を経営し、全国10位内の産出高を誇った藏内次郎作、保房、治郎兵衛の藏内家三代にわたる本家住宅です。

hina2.jpg

田園風景の中に堂々と佇む邸宅の敷地は7,135u、延べ床面積1,250uもある大規模和風住宅で、現在も建築当初の状態をよく残しています。

国指定名勝、国登録文化財です。

hina3.jpg

この「旧藏内邸」に、西岡さんという個人が集めた雛人形が飾られています。

豪華な段飾りから、和紙人形、押絵、木目込み、陶器、さげもんまで。
その数、なんと3000体!

hina5.jpg

古くは江戸時代のものまでありました。

hina9.jpg

hina7.jpg

hina4.jpg

それぞれに表情が豊かで、見ごたえ十分です。

hina8.jpg

明治38年ごろにつくられたという回遊式庭園を眺めながら、煎茶と菓子をいただくことに。

hina6.jpg

菓子は地元のあられで、素朴なおいしさでした。(300円・入館料別途)

hina10.jpg

ひな人形だけでなく、欄間や建具の細工も素晴らしいので、時間をかけてゆっくり見学しました。

「旧藏内邸」のひなまつりは3月14日(火)まで開催されています。

華やかで美しい雛人形の数々、ちょっと足を延ばしてでも見に行く価値はありますよ。

詳しくは、こちらをどうぞ!
 ↓
https://www.keichiku.info/event/?eid=1045




posted by kita-suma at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月14日

どんなタイプのお箸がお好き?

お元気ですか。
北すまブログのドレミです。

家具で有名な大川でお箸を購入したことがあります。
今まで使ったことのない極細スタイル。そのお箸で食べるとなぜか同じものでも繊細な味に感じられて美味しいのです。
すっかり気に入って愛用していたのですが、あまりの細さゆえでしょうか、その大事なお箸を、食べ物と間違えて噛んでダメにしてしまいました。

それからなかなか好みの細さの箸に出会わなかったのですが、小倉南区のかりほ庵で似たような細さの箸をみつけた時は嬉しかったですね。

ただこれもまた4〜5年しか持たず(今度は力持ちの家族が誤って洗う時に折れてしまったのです)。


以来、他の箸を使っていたのですが、先週近くを通る機会があり、久々に寄ってみました。
00.jpg

<かりほ庵>
  ↓  ↓
http://karihoan.com

お目当てのお箸はこちら。
01.jpg

以前より少し箸先が太くなった印象ですが、よしとしましょう。
06.jpg

調べたら、京都にも極細タイプの箸、東京にも江戸木箸などがあるようです。

私は地元ラブで…今回は紅いお箸にしてみました。

はし置きもいい感じ(スプーンも一緒に置けるデザインがメインでした)。
IMG_6685.jpg


お皿もセットで。
000.jpg


鱒渕ダムの近くはまだまだ雪がこんもり残ってましたよ。
IMG_6690.jpg


入り口の引き戸もお皿♡
05.jpg


一度、この風情あふれる谷でゆっくり食事してみたいものです。
(食事はランチのみ。二日前までの予約が必要だそうです)
posted by kita-suma at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月12日

2度楽しめるS.A.土産♪

お元気ですか。
北すまブログのドレミです。
寒がりさんには試練の週でしたね。←私のことです。
山登り用の下着が大活躍。←山には登らないんですけどね^^
抜群の温かさと機能性に慣れるともう普通の下着に戻れません(笑)。
そして薄いから全く着膨れしないという嬉しいオマケつき。そして強靭なまでに丈夫。

これから日に日に暖かくなる…とはいえ、陽が落ちると一気に気温が下がります。

ここは、クリスマスですか!という賑々しい古賀のS.A.
01.jpg

ひと仕事終わって身体はブルブルぐったり、お腹はぐうぐう。そしてこういう日に限って、楽しい我が家には食材がない・・・。
高速降りてスーパー行くのもしんどいなぁ。でもS.A.で定食という気分でもないし。
しかしながら古賀S.A.のお土産コーナーの充実ぶりにはいつも感心します。
何かしら進化があって、買いもしないお菓子を眺めて回るのもいとたのし。
へぇ〜博多ぶらぶらにバナナ味が出てるとは。この季節の桜ひよこも惹かれます。
09.jpg
さて、そのお土産コーナーで目に飛び込んできたのは「もつ鍋セット 1000円」。
02.jpg

ニヤリと手につかんだらば、夫がやはり同じことを考えてました…(考える事が似ている、恐ろしい)。
しかし、そこはやはり男の料理。つかんでいるのは私チョイスよりグレードの高いもつ鍋セット 1900円」。
08.jpg

笑ってしまいます。
「野菜付き1,620円ってのもあるよ?」と折衷案を出すも「そういう野菜は旨くない」と意思はかたいのでした。
07.jpg
そう、近所のもつ鍋屋さんに行った時、ニラがあまりに少なくて涙したことがあるのです。
やっぱりニラともやしが、ど〜んとタワーになってその上にハラハラと赤いとうがらしが美しくトッピングされてなければ、もつ鍋ではありません。
05.jpg


しかしS.A.はすごい!フグのさしみだって購入できるのです。
6.jpg

自宅用と土産用とどんな割合で購入されるのか興味あります。ふぐさし…2,160円もするのですもの。主婦脳ですみません。
でも、そうねえ…今日の仕事がすごくすらすらうまく進んで大きな契約もしくは信用が得られて…「今日は祝いだご褒美だぁ〜〜〜家であったかい風呂に入ってフグさしで一杯!」なんて人もいるのかも。そんな幸せがあってもいいですよね。

こんな寒い日は外食ではなく、温かい我が家でリラックスしたいではありませんか。
凍える夜風の中を温かいもつ鍋をイメージしながら一路我が家へ。
06.png

で、こちらがS.A.もつ鍋。
12.jpg

さっぱり系のアゴだし醤油味。

こんなにテンション高く盛り上がりながら、実はもつを噛みきらない私。なさけなや。いいの。気分だけで。2人前といってもけっこう食べごたえがあったので、付属の麺はいれずに、出しを残して次の日バージョンアップ版にトライしました。
IMG_6616.jpg

2日目。
丸腸だけの超豪華版もつ鍋♡
丸腸って美味しいけれどいいお値段するんですよね〜。一度グラムがイメージ出来ずにデバートで調子に乗って焼き用に購入したら、ステーキより高くて青ざめたことがあります^^

アゴだしと酒とキビ糖と醤油を足して、しゃっきりニラともやし、キャベツは甘くなりすぎるので控え目に。とうがらしとにんにくも追加!そして地元の名品川内豆腐。
11.jpg

2日目のカレーではありませんが、2日目のもつ鍋は、上品な丸腸にぐっと味が滲みて・・・至福の食べごたえでした。
古賀S.A.ありがとう。ごちそうさまでした。
posted by kita-suma at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月04日

春のお清め♪

お元気ですか。
北すまブログのドレミです。

今年は初詣に行ってなかったので、晴天に誘われて高見神社に行ってみました。
IMG_6623.jpg

春の光が映えて水がキラキラ。
IMG_6624.jpg

まだ古いお守りに回収もされており、ちょうどお祓いの太鼓が鳴り響いて厳かな雰囲気です。
その太鼓の音を聞いていたら、俄然「そうだ!私もお祓いしてもらおう!!」という気になって思い立ったが吉日。
お祓いのテーマを幾つかある候補の中から選びます。
良縁?
いやいや、家内安全?
「健康祈願」と書いて、いや、ターゲットを絞り込もう!と「病気平癒」にしました。
少し気になるところがあるので、浄めていただきます。
少しドキドキ。「ビジネスネームと戸籍上の名前とどちらがいいのでしょう?」とお尋ねすると…「どちらでもいいですよ」とやわらかい笑顔。
いいですね〜。
名前と住所を書いて申し込むと、白い紙袋をいただきました。
絵馬やお札やお守り。
IMG_6641.jpg

そしてなぜか、くろがね羊羹。
IMG_6635.jpg

拝殿に向かうと背筋が自然とピン!と伸びます。
「ニ礼ニ拍手一礼。…おなおりください」
IMG_6637.jpg

2月の清々しい空気に神官の澄んだ声が響き渡ります。

祝詞の中に「北九州市小倉南区○○○○の○○に住まいたる、なんのなにがしの・・・」と読み上げられるのは、少し気恥ずかしいような嬉しいような。
IMG_6639.jpg

「・・・かしこみ かしこみ も まおす」この美しい祝詞のような声で人前で話せるといいなあ〜と素直に思いました。

そして、お祓い。
緊張しますが、身体の芯から清まる感じがします。

なぜかぽろぽろと涙が溢れてきて、ありがたいな〜という気持ちで一杯になりました。
IMG_6645.jpg

頑張りすぎて少し疲れた時や、煮詰まった時、何かうまくいかなくてもどかしい時、こんな場所と方法があることを、暮らしのヒントのひとつとして思い出してもらえれば…と思います。
IMG_6655.jpg

<北九州市小倉北区・高見神社>
  ↓  ↓  ↓
http://www.takamijinjya.com

※気になるお祓い料は5,000〜です♡
posted by kita-suma at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記